おすすめアイテム

「ころべばいいのに」感想!ヨシタケシンスケ絵本のみんなのレビューと考察

更新日:

ヨシタケシンスケさん作「ころべばいいのに」は今とっても人気の絵本ですね。

ママ友から口コミを聞いて、自分で読むにも面白そう。

\ \ 大人もハッとする人間関係の処方箋 / /

子どもの成長を応援する絵本として、非常に良い絵本だと思っていますが、賛否両論あるようなので、マイナスな部分にも触れながら解説します。

 「ころべばいいのに」をおすすめする子

  • 嫌いな人や苦手な人ができた子
  • 子ども同士のけんかを経験した子
  • 男の子は小学校3~4年、女の子は小学校1~2年

私は絵本を立ち読みして0歳の私の子供には早すぎるので見送りましたが、小学校2年生以上の子供がいる方にはぜひぜひおすすめしたい絵本です♪

「ころべばいいのに」感想の前に内容をおさらい

「ころべばいいのに」あらすじ

「イヤな気持ちって、自分じゃどうしようもない。そんなときはね......!」イライラ、もやもやしたらどうする? 子どもも大人も共感すること、間違いなし! ヨシタケ流こころの処方箋。

出版社「ブロンズ新社」より
  • 対象年齢 5歳以上
  • ページ数 32ページ

「ころべばいいのに」は幼稚園や保育園に行くことで必ず出会う「嫌いな人」との付き合い方を子供に提案してくれています。

絵本としては文字が多いので、読書感想文の対象としてもピッタリの作品です。

「ころべばいいのに」の感想、良いところと悪いところ

「ころべばいいのに」の感想、SNSの口コミの分析

「ころべばいいのに」で絶賛されているポイントはこちらです。

  • ヨシタケシンスケさんの優しい独特の言い回し
  • 感情をコントロールする方法を教えてくれる
  • 子どもも大人も共感できる内容

嫌いな人に対して暴力をふるうでもなく暴言を出すわけでもなく、「ころべばいい」「お腹が痛くなればいい」と願う平和的な解決方法に、心がほっとします。

逆にネガティブな感想では対象年齢の5歳の子供では内容を理解できないと指摘されていました。

物語の主題となっている嫌な気持ちのコントロールの仕方や物語については否定的な意見がなかったので、物語を理解できる人は共通して絵本を楽しんでいるようです。

私も楽しく読みました!!

\ \ 大人もハッとする人間関係の処方箋 / /

ころべばいいのにを読むのにオススメする人

ころべばいいのにを読むのにオススメする人

「ころべばいいのに」は人間関係につまづいた時におすすめしたい絵本です。

嫌いな人や苦手な人ができり、子ども同士のけんかを経験した時に、親子で解決方法を話し合う時にピッタリの絵本になっています。

子どもが小さすぎると響いてこないので、男の子は小学校3~4年生、女の子は1~2年生くらい になると理解できてきます。

子ども同士のいざこざがあった時にこの本があると、苦手なクラスメートとの関わり方を説明しやすいですよ!

ころべばいいのにを読むのにオススメできない人

「ころべばいいのに」はけんかやいざこざを経験したことのない子供や長文を読むのに集中できない年齢の子供にはお勧めできません。

他人を嫌う経験がない子供にとっては、この絵本はネガティブな内容にだけ見えて怖く感じます。

また絵本が32ページと長くて文字量が多いので、本を読むのが得意でない子には完読が難しいようです。

大人でお勧めできないのは「嫌われる勇気」や「幸せになる勇気」を読んだことがある人です。これらのセルフコントロールの本は絵本の上位互換になるので改めて見る必要はありません。

ころべばいいのにの感想は読書感想文にもピッタリ

ころべばいいのには人間関係に悩み始めた小学校低学年からお勧めできる絵本です。絵本としては文量が多いため、読書感想文も書けちゃいますね!

子どもと一緒に大人も読んで、嫌いな人の対処法を相談してみてください。

キラリ(@k_to_hikaru)でしたっ

\ \ 大人もハッとする人間関係の処方箋 / /

-おすすめアイテム
-

Copyright© キラリとヒカル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.